【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

MENU

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

当サイトへようこそ!当サイトはデリケートゾーンの臭いでもあるすそわきがの対策をお伝えしています。すそわきがの原因にはどのようなものがあるのか、食生活から、下着の管理、局部の正しい洗い方などを解説しています。すそわきがにお悩みの方にぜひ参考にしていただければうれしいです♪

 

 

すそわきがって何?

 

「わきが」といえば脇の下から出る臭いです。「すそわきが」も同様に陰部からでるわきが臭のことです。臭いの原因は同じです。エクリン汗腺アポクリン汗腺という2つの汗腺があり、アポクリン汗腺から出る汗がわきがの原因です。アポクリン汗には死亡や尿素、アンモニアなどの成分が含まれていて、皮脂と混じり合って常在菌により臭いが発生しているのです。

 

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

すそわきがは自分でチェックできるの?

 

今までの人生の中で「私はもしかしたらすそわきがかも…」と感じたことがありますか?
「パートナーにデリケートゾーンがにおうと指摘されてしまった」
「パンツを脱いだ時に鼻につく独特の嫌なにおいがした」

 

などなど、すそわきがになる可能性は誰にだってあり得ることです。

 

でも、自分がすそわきがかどうかを確かめるのってなかなか難しいですよね。彼に直接聞くのも恥ずかしいですし、同性の友人に相談するのも抵抗感があります。

 

そこで今回は、すそわきがになりやすい人の特徴をこっそりご紹介しましょう。セルフチェックをして、もし自分がすそわきがだとわかったらきちんと対策を行わないといけませんよ。

 

下着や脇に黄色い汗ジミがつくこと

アポクリン汗腺から分泌された汗は、においの元である様々な物質を含んでいます。
この分泌物が酸化して悪臭を放つため、黄色い汗ジミが頻繁に出来る人はすそわきが傾向があるといえます。

 

陰部の毛が濃いこと

脇の下や陰部の毛が濃い人は皮膚線が発達している証拠です。
これも、においやすい特徴の一つです。

 

乳首からにおいがすること

実は、アポクリン汗腺は乳首周りにも集中して存在しています。
乳首の臭いは全員に現れる訳ではありませんが、人によってはにおうことも。
これもチェックしてみるといいですね。

 

耳垢が湿っていること

アポクリン汗腺の量が多いと耳垢が湿っている場合が多いです。
なんと、ワキガ症の98?99%が耳垢が湿っているという研究結果もあるくらいなんです。
これに当てはまるのならば、かなりの確率ですそわきがの可能性高しです。

 

親族にすそわきがの人がいること

すそわきがは、やはり遺伝によるものが大きいので両親や祖父母、親族で誰かしらがわきがになっている場合は、スソワキガも遺伝します。
入念にケアをしておいた方が良いでしょう。

 

下着の蒸れは雑菌が溜まる原因に!

 

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

赤ちゃんを産むための準備として訪れる月に一度来る「生理」。ズンと響くような鈍い痛みと、シクシクとした感覚がとても気持ち悪くて憂鬱になりますよね。外に出かける時はかなり気を使ってしまいます。

 

生理中って独特な臭いがするのがまた嫌なんです。お世辞にも良いにおいとは言いがたいので鼻に付く感じがすごく気になってしまう。このような独特の臭いは生理が原因になっている可能性があるんですよ。

 

アソコのワキガとも言われるすそわきがのにおいで、彼が嫌がってしまうのは避けたいところ。そのためには、デリケートゾーンから分泌される雑菌に注意しましょう。

 

すそわきがのにおいの元は汗。汗だけではなくさらに臭いを悪化させる原因が雑菌なんですよ。生理やおりものなど、膣からは様々な分泌物が出てきます。ところがこれを放置すると雑菌がどんどん繁殖してしまうって知ってましたか。生理中とか関係なくトイレに行く度にしっかり拭き取るようにした方がいいですよ。

 

雑菌は高温多湿を好むので蒸れには注意した方がいいです。通気性の悪いナイロン素材の下着なんかはとにかく最悪です。熱がこもると汗をかいた陰部には雑菌が増殖しやすくなります。

 

こういう環境が出来上がってしまうと臭いの原因になるんです。すそわきがはきちんと対策しないと嫌な臭いを放ってしまいます。

 

毎回こまめに分泌物を拭き取ったり下着をマメに変えるといった工夫が必要です。ポイントは通気性・吸湿性共に優れたものを選ぶことです。下着を通気性の良いものに変えるだけでも雑菌の増殖をグッと抑えることができますよ。体を締め付けるタイトなデザインもやめた方が無難ですね。

 

すそわきがは少し汗をかいただけでもすごくにおってしまいます。これ以上悪化させないためにも、下着や汗に関しては気を使って雑菌を抑えましょう。

 

すそわきが対策は【正しい方法】で洗うこと

 

皆さんはいつも身体を洗う時どういう石鹸を使っていますか?「女性にとって肌はとても大切な部分。なるべく洗浄効果の高い石鹸を使うようにしている」
「とにかく汚れを落とせるようゴシゴシ擦るようにしている。黒ずみを落とすよう心掛けている」などなど、洗う時もこだわりがありますよね。

 

ところがこうした洗い方は肌にとっては致命的で間違った方法なんです。自分ではいいと思ってやっていることでも肌にとっては逆効果で悪影響なんですよ。特に女性のアソコを間違った洗い方で洗っていると臭いの原因になってしまいます。

 

すそわきがを悪化させる原因になるので注意しないといけません。今回は、すそわきがのにおい対策のためにも正しいデリケートゾーンの洗い方をマスターしましょう。

 

必要なモノはデリケートゾーン専用の石鹸です。普通の石鹸だと肌に刺激を与えてしまうので止めた方がいいですよ。なるべく低刺激のものを選ぶようにして下さいね。

 

特にゴシゴシ擦るように洗うのはNG。ゴシゴシ洗った方が汚れが落ちそうなイメージがありますが、それも刺激を与えてしまうので逆効果になってしまうんですよ。手のひらで泡立てて、指の腹で優しくマッサージするような感覚で丁寧に洗ってあげるといいです。それでも十分汚れは落とせます。

 

拭き取る時にも注意が必要なので気をつけて下さい。いくら優しく洗ったとしても、拭く時にゴワゴワのナイロンタオルを使っていたらダメです。軽い炎症を起こす可能性があるので柔らかな素材のタオルで、ポンポンと優しく叩くようにして丁寧に水分を拭き取るようにしましょう。とにかく刺激を与えないことが、肌にとってはいいことなのです。

 

【効果的】すそわきがにいい成分は?

 

暑くなると、紫外線と同じくらい気になってくるのが「におい」。特にワキガ体質の人は毎日のお手入れに気を使っているのではないでしょうか。体臭はほとんどの人にあります。

 

ところがあまりにも強烈な体臭になってしまうと、周りの人からも臭いと嫌われてしまいます。それってとてもショックですよね。自分自身でも嫌なにおいが気になりますしなるべく少しでも早く改善したいと悩む人も多いでしょう。

 

体には臭う部分がいくらでもありますが、中でも最近増えているのが「すそわきが」。デリケートゾーンなだけに、繊細な場所なので女同士でもなかなか相談することが出来ません。なるべくひとりでこっそり解決したい問題ですよね。

 

そこで今回おすすめするのがすそわきがにぴったりの「デオドラントクリーム」です。すそわきが専用の商品なので、近くのドラッグストアなどでも手に入ります。特別なものではないので、手軽に手に入るのが嬉しいところ。

 

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

ただし、デオドラントクリームだったら何でも良いという訳ではないのでちゃんと商品は選ばないといけません。正しい選び方というものがあるんです。

 

デオドラントクリームの種類がありすぎて迷ってしまうなら、まず原材料を見てみましょう。すそわきがに効果的な成分が入っているかどうかを調べるのが大切なんです。

 

必ず配合されていて欲しい有効成分は2つあります。「イソプロピルメチルフェノール」と「パラフェノールスルホン酸亜鉛」です。

 

これらの成分はすそわきがの原因をブロックしてくれるのでかなりおすすめ。雑菌や発汗を抑制してくれる働きがあるので非常に効果的なんです。単に消臭効果があるというだけでは弱いです。きちんと成分を確認してからデオドラントクリームを買うようにしましょう。

 

【低刺激】肌に優しいすそわきが用のクリームなら安全

 

「すそわきがに良いというソープを使ってみたけど、肌が乾燥して痛い…」
「消臭効果があるどころか、逆に臭いが悪化して逆効果になってしまった…」
などなど、すそわきがにいいといわれる市販の商品を試してみたものの、全然効果がなかったという方は多いと思います。

 

こんなことなら最初から専門の病院に行ったほうが良かったように感じますが、なるべく他人の手は借りないで解決したいですよね。いくら専門だからといって、すそわきがの悩みを相談するのはやはり恥ずかしいですし秘密にしたいのが女心。

 

市販の商品はあまり効果が無いように思えますがそんなことはありません。商品によってはウソ臭い物も紛れていますが、中には本当に消臭効果のある素晴らしい商品もあります。

 

今回は、臭いが悪化しないすそわきが専用クリームを選ぶ時の大切なポイントを紹介しますね。

 

それは、「低刺激タイプ」を選ぶこと。実は、ほとんどの洗剤や石鹸が、「界面活性剤」と呼ばれる危険な成分を配合しているのです。

 

これはしっかりと汚れを落とせる成分なのですが、デリケートゾーンには非常に刺激が強いので絶対避けたい成分。すそわきがは刺激によっても悪化するので、今よりもさらににおいが酷くなる恐れがあります。また、皮膚も刺激から守ろうとしてより硬くなってしまいます。

 

基本的には無添加無香料の、添加物を使用していない肌に優しいクリームを選ぶことが大切なんです。更に、成分が植物性由来のものかどうかも確認する必要があります。敏感肌の方でも安心して使用できるようなクリームであれば、安心安全なので確実です。

 

すそわきが専用クリームの選び方

 

ドラッグストアや薬局など、最近はどこにでも売っている「すそわきが専用クリーム」。すそわきがで頭を悩ませている女性はとても増えているのでこういった商品も売れるんですね。

 

すそわきがは百害あって一利なし。周りの人を不快にするような独特の嫌な臭いがしますし、そもそも原因はカビと同じ雑菌なんです。イメージしただけでも気持ち悪くて自分がすそわきがだと思うと憂鬱になりますよね。

 

場所がデリケートゾーンなだけに、誰かに相談するというわけにもいきません。どんなに状態が深刻になっても、なるべく誰にもしられずにこっそりと自分ひとりで解決したい門弾だと思います。

 

今回は、すそわきが専用クリームの正しい選び方を紹介したいと思います。この選び方を覚えておけば、自分にぴったりのクオリティの高いケア商品を選べるはずです。

 

有効成分が入っているか

まず一つ目は、有効成分が入っているかをチェックします。絶対に配合していて欲しいのは「イソプロピルメチルフェノール」と「パラフェノールスルホン酸亜鉛」の二つの成分です。これらは汗や、殺菌効果で雑菌の繁殖を抑えてすそわきがの悪臭をブロックしてくれます。

 

無添加であること

二つ目は、無添加であること。なるべく植物性由来成分のものだと、肌を痛めずに済むので非常にオススメです。

 

消臭や殺菌効果が証明されている

三つ目は、機関できちんと消臭や殺菌効果が証明されていること。
デオドラント商品の中には、ちゃんと効果を検査実施して、結果を公表しているものもあるんです。
ネットに搭載している場合もあるので、ぜひ一度調べてみるといいでしょう。

 

医薬部外品

四つ目は、医薬部外品であること。
医薬部外品は医薬品と化粧品の中間的な存在といえますが、厚生労働省が認めているので安全性が高いのです。

 

返金保証がある

五つ目は、返金保証があること。
自分に効かなかった時のことを考えて、必ず返金保証付きのものを買うようにしましょう。
返金保証がある商品は、それだけ効果に自信があるという事なので満足のいく結果を得られることが多いのです。

 

これからすそわきが専用クリームを選ぶ際は、ぜひこれら五つのポイントを踏まえたうえで商品を選ぶようにするといいですね。

 

【臭い対策】日常生活でできるすそわきがケア

 

【悩める女子必見!】すそわきが対策の秘訣!

 

人間は色々なところが臭う生物です。代表的なところだと、脇の下や足裏といった部分。普段はあまり臭わなくても、運動したり夏場で汗をどっとかく時期などはかなりの臭いを放ちますよね。

 

自分ひとりだけの環境ならば良いのですが、周りに誰かいた場合は自分の汗の臭いがかなりも気になってしまいますよね。

 

「もしかして臭っていないだろうか」「みんなから臭いって思われていたらどうしよう」などと心配になって気が気じゃありません。

 

特に女性は「すそわきが」の臭いを気にする人も多いようです。すそわきがはデリケートゾーンのワキガです。陰部なのでだからこそ臭いやすくなってしまうんですよね。きちんと対策をしないと、彼との2人の時間でも強烈な臭いを放つことになります。これだけは何としてでも避けたいと2人の関係にもひびが入ってしまいます。

 

すそわきがの対策はどんなことをすればいいのでしょうか。何か特別なことをしなくても、実は日常生活で十分に行えます。食生活を整えたり、正しい洗い方をマスターしたりと出来ることは色々あるんです。

 

逆に、すそわきがが臭う原因は日常生活の行いにあるということでもあるので気をつける必要があります。すそわきがの臭いが気になる方は、まずは普段の生活に問題がないかチェックしてみましょう。

 

また、それでも思い当たる節がないのであれば、専門の病院に行ってみるのもアリかも知れません。デリケートな場所なのでどうしても抵抗があると思いますが、専門家に頼むことで確実に臭いを抑えることができます。即効性があるのもメリットです。

 

普段見えないところですが、気を抜いていたらダメですよ。デリケートゾーンだからこそ一番気をつけておかないといけないのです。日常生活に注意を払って、すそわきがの対策を行いましょう。

更新履歴